佐藤 政大-スタッフ紹介|サトウグリーンテニスクラブ|栃木県宇都宮市

スタッフ一覧へ戻る
佐藤 政大

佐藤 政大

戦績

  • 日本商業開発株式会社契約プロテニスプレーヤー
  • 日本体育協会公認テニス上級テニスコーチ
  • 2016全日本ベテランテニス選手権ダブルス優勝、シングルス準優勝
  • 2013全日本ベテランテニス選手権シングルス・ダブルス優勝
  • レジ―ナの森羽鳥湖オープン 長崎伊王島オープン優勝他
  • 全日本テニス選手権 ミックスダブルス 3位
  • 白子・山中湖・軽井沢テニストーナメント優勝
  • 佐藤政大・黒田貴臣監修本「テニスダブルスの必勝術」出版
  • 那須塩原テニス協会、大田原市テニス協会「テニス講習会」講師
  • 栃木県県北高体連主催「テニスセミナー」講師

資格

  • (公財)日本体育協会公認上級テニスコーチ

スポンサー契約

  • 日本商業開発株式会社・YONEX・キモニー・ZAMST

幼少~高校編

栃木県宇都宮市で生まれ。
脱サラしてテニスコーチとなった父の影響で、3才の時にテニスを始めました。父の熱心な指導のおかげもあり、全国小学生、全国中学生と気が付けば試合の為、全国各地を回る生活。
小学5年生の時に癌で母が亡くなり、中学生の時には父親との度重なる衝突があり、生活も荒れて行き、「中学を卒業したら働こう」と思いテニスから離れてしまうことを考えていました。
そんな時、手を差し伸べてくれたのが、当時テニス部の顧問をしていた高校の先生。
「お前からテニスを取ったらなにが残るんだ」「これまで頑張ってきたテニスをやめてしまうのは辛くないのか」そう言って自暴自棄になっていた私を引き上げてくれました。
私の進学した高校はその当時県大会にいった人が数人いる程度の弱小テニス部でしたが、高校からテニスを始めた仲間達と本当に毎日毎日練習してインターハイ、全国選抜にも出場することが出来ました。

テニスコーチ業を仕事として

卒業後、コーチ業をしながら、試合を転戦しプロになることを目指す。夢はウインブルドンのコートに立つこと。
又一方では、後進の為にもテニスコーチとして働く環境を整えたいとの思いから、テニスコーチ派遣を中心とした会社を設立。
35才になった時、一般テニスプレーヤーとしての限界を感じ、ベテランテニスに挑戦し始めました。
しかし、度重なる怪我もあり、選手として思うような成績がでないことへの苛立ち、経営者としての重圧に押しつぶされそうになり、眠れない毎日が続くようになっていました。
頭の中を先生の言葉がよぎります「お前からテニスを取ったら何が残るんだ・・」
「自分を生かせる場所はテニスしかない」との思いが私を立ち直らせてくれました。
幸い、教え子だった吉村健児がアスレティックトレーナーとなり、トレーニングメニュー作成からトレーニング指導まで親身になって請負ってくれたことはとても助けになりました。怪我と付き合いながら毎日トレーニングを重ね、40才にして念願かなって全日本ベテランテニスチャンピオンのタイトルを手に入れることができました。
私は決して才能に満ち溢れているタイプの人間ではないので、人一倍の努力をして今があるのですが、努力が必ずしも結果に結びつかないことが何度もありましたので、選手の気持ち、勝てない時の悔しさが手に取るようにわかります。
「すべての人に可能性がある」というのが私の信念です。私があなたに対して出来ることは、あなたの伸び代をみつけテニスの上達をしていただくことです。
テニス歴 40年、テニス指導歴 18年、ジュニア時代、一般選手時代、ベテラン選手時代を生き抜いてきたからこそ、初心者からプロテニスプレーヤーまで幅広い層にアプローチすることが出来ます。
あなたのテニスがレクリエーションテニスから競技テニスに変わるそんなお手伝いが出来れば幸いです。

スタッフ一覧へ戻る
上へ移動